トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 「自分の歯は一生のもの」 一般歯科治療と矯正治療が両立した治療

「自分の歯は一生のもの」 一般歯科治療と矯正治療が両立した治療

「ご自分の歯を一生涯、使い続けること」。それが、歯科医師としての私の願いです。

私は、この想いを実現するために、開業して約15年、矯正専門医でありながら、一般歯科・インプラント・審美歯科まで、4,200症例以上の幅広い治療を行ってきました。

院長あいさつ

矯正歯科と一般歯科の両方を診察する歯科医師は、それ程多くはありません。また、総合治療を行っている歯科医院では、各専門分野の歯科医師が集まって診療していますので、治療内容によって担当者が変わることがあります。

それぞれの専門性を活かした治療も必要ですが、一人の歯科医師が、治療内容を問わず患者さんの状況を把握し、幅広い選択枝の中から患者さんにとって最適な治療を行うことが大切であると、これまで多くの患者さんと接する中で実感しました。

また、患者さんが安心して治療に取り組めるよう、治療説明もしっかり行います。どんな小さなことでも結構ですので、お口の中に関することは、当院にご相談ください!


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 「自分の歯は一生のもの」 一般歯科治療と矯正治療が両立した治療


コールバック予約

PAGE TOP